yuucamp's Camp & Castle

日本100名城を中心に城巡りについて記録していきます。たまにキャンプネタも。

日本100名城を巡るNo.8 ー 水戸城と弘道館

 9月18日敬老の日水戸城弘道館に行ってきました。2週連続で城巡りするのは初めてです。前日まで台風18号の影響で天気が悪かったので、行くことにしたのは当日の朝。少し遅めの出発でしたが、途中大きな渋滞もなく昼前に水戸に到着できました。

  水戸城には駐車場が無さそうでしたので、最初に向かったのは弘道館。ここは、1841年(天保12年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭により創設された藩校です。水戸城の三の丸に造られた弘道館は、藩校としては日本最大の規模だったとのこと。

 藩校当時から現存する正門です。柱には明治維新の際に保守派と改革派の間に起きた戦闘(弘道館戦争)の名残の弾痕が残っています。

f:id:yuucamp:20170924180446j:plain

 

こちらが同じく藩校当時から現存する弘道館の正庁。正庁入口正面にある正庁諸役会所には大きな「尊攘」の文字。「尊攘」とは「尊皇攘夷」のことで、日本で尊皇攘夷という言葉が初めて使われたのはここ水戸だったのですね。

f:id:yuucamp:20170924182452j:plain

f:id:yuucamp:20170924182527j:plain

弘道館には正庁の他に文館、医学館、武館、天文台等があったそうですが、弘道館戦争で焼けてしまったそうです。

こちらは孔子廟

f:id:yuucamp:20170924183311j:plain

さらに鹿島神宮から分祀された鹿島神社

f:id:yuucamp:20170924183434j:plain

まさに神儒一致の教義に基いて造られた藩校なのが分かります。そして、藩校の教育綱領である「弘道館記」が収められているのが八卦堂です。

f:id:yuucamp:20170924183649j:plain

弘道館には一生学問を続けるということで卒業という概念が無かったそうです。昔の人の向学心は素晴らしいですね。

さて、弘道館を見学した後は、水戸城の本丸跡を目指します。

まず、弘道館のある三の丸から二の丸に渡る大手橋。

f:id:yuucamp:20170924184446j:plain

この先にはかつて大手門がありましたが、現在復元工事中とのことです。完成が楽しみですね。

f:id:yuucamp:20170924184635j:plain

かつての堀の跡は道路になっています。

f:id:yuucamp:20170924184826j:plain

そして二の丸。お城の中心は本丸のはずですが、江戸時代になり平和な時代になると二の丸に御殿などが造られ、城の中心になったそうです。今では中学校や高校が建てられ、文教地区になっています。学校の塀がまるで城の一部のような雰囲気です。

f:id:yuucamp:20170924185847j:plain

こちらは彰考館跡。彰考館は水戸徳川家第二代当主徳川光圀が創設した大日本史編纂のための史局です。

f:id:yuucamp:20170924190715j:plain

ちなみに石碑の後ろ、彰考館跡地には水戸市立第二中学校が建っています。まるでお城の建物のようですね。

こちらは水戸城の実質上の天守として使われていた櫓で戦前まで残っていた御三階櫓跡。石垣の代わりに海鼠壁で覆われた姿が特徴でしたが、戦災で焼けてしまいました。

f:id:yuucamp:20170924191303j:plain

これは樹齢400年と言われる大シイの木。戦国時代から自生していたそうです。

f:id:yuucamp:20170924191711j:plain

現在地はこのあたり。

f:id:yuucamp:20170924192849j:plain

こちらは復元された杉山門。二の丸の北口にあたります。

f:id:yuucamp:20170924192659j:plain

そして、いよいよ二の丸から本丸へ。二の丸から本丸へ渡る本城橋です。本丸跡には県立水戸一高が建っています。

f:id:yuucamp:20170924193103j:plain

堀の跡には鉄道の線路が走っています。水戸城は石垣の無い城としては最大規模の城です。

f:id:yuucamp:20170924193548j:plain

本城橋を渡ると本丸跡。土塁が当時のまま残っています。

f:id:yuucamp:20170924214028j:plain

f:id:yuucamp:20170924214447j:plain

そして本丸跡に建つ、現存している水戸城唯一つの建造物である薬医門。橋詰門とも呼ばれていたそうです。水戸一高の生徒さん達は毎日この門を通って通学しているのですね。ある意味贅沢。

f:id:yuucamp:20170924194040j:plain

薬医門とは、扉を支えている本柱とその後ろにある控え柱とで支えられた屋根の棟の位置を中心からずらす形式とのこと。具体的にはこんな感じ。

f:id:yuucamp:20170924194808j:plain

側面から見ると対象形ではなく、正面から見ると軒が深いため、ゆったりとして威厳があり大名の城門にふさわしいということで多く造られたそうです。

 ということで、水戸城見学は終了。この後、千波湖で遅めのランチを。水戸城は北に那珂川、南に千波湖があり天然の堀の役割を果たしていました。千波湖から水戸城方面を見るとこんな感じ。

f:id:yuucamp:20170924214918j:plain

まさに水に浮かぶ城、と言っても過言ではないですね。

以上、水戸城弘道館でした。